常滑急須大

¥18,000 (税抜)
スタジオ・ガラの常滑の器。常滑の急須常滑の土には、鉄分が多く含まれているため酸化焼成により赤く発色します。この土はまた焼成時の収縮率が高いため、焼き締まりが良いので釉薬をかけなくとも吸水性が少ないと云う特徴が有ります。急須として最適の土と云えます。土に含まれる鉄分は、お茶のタンニンと馴染み合い、お茶の味を引き立てると云われています。釉薬を使わないため、使い込むほどに茶渋がしみ込み、落ち着いた色調と独特の光沢が増します。黒のタイプは一度焼成した後、更に窯入れ焼成して、この色を出しております。
Add to cart

徳利 朱

¥6,000 (税抜)
スタジオ・ガラの常滑の器。この器は焼き物本来の魅力である、土味、景色、手触りを求めて信 楽の土を使い、焼き〆焼成しています。黒は器を備長炭と共にサヤ に入れ、高温で焼き〆ることで、この色が出ております。焼成後、 器の外側を研磨して手触りを滑らかにしています。信楽の土は目が 粗いのが特徴です。荒土隙間に茶がしみ込んで器に作り作り出す景 色を、“器を育てる “として日本人は好んできました。これは和食器 特有の楽しみかたです。器を育てるように扱えば使うほどに味わい 深い器になってくれるはずです。最初のご使用の前に米のとぎ汁で 煮沸することをお勧めします。土肌の目を埋めることになり、水分 のしみ出しと、汚れがしみこみ難くなります。
Add to cart

漆- 漆碗 C

¥18,000 (税抜)
木製の器の大きな利点は、熱いものを入れた時でも、熱が伝わり難いので、手が熱くならないこと、内のものが冷めにくいことです。また、陶器や磁器で作られた物に比べると、たいへんに軽いので、手で軽く包み込んで口まで運べます。このため、幼児から手の力の弱い人まで、無理なく使える便利さが有ります。欠点は木地のままだと耐久性に乏しいと云う点ですが、これを見事に補うのが、古来から日本で用いられて来た漆塗装です。漆は特別な性質を持った天然塗料です。漆は酸やアルカリ、アルコール等に対しての耐薬性や防水、防腐性があります。この椀のシリーズは、このような木と漆の利点を生かして、持ちやすさと口当りの優しさを追求しています。器の口元の反りと薄さは、スムーズな飲みやすさを生み出しています。漆の器は、とかく扱いが面倒と思いがちですが、そんなことは有りません。油汚れは台所用の洗剤で洗っていただいて結構です。タワシや硬いスポンジはキズの原因になるので避けること。水に長時間浸けっぱなしにしないこと。食洗機、乾燥機が使えないことなどを守っていただけば、10年でも使っていただけますし、傷んだら修理も出来ます。気軽に使っていただければと思います。
Add to cart

RECOMMEND LIST

松飾り

¥6,000 (税抜)
水引・組紐など、日本の伝統的な素材と技術を活かし、新春のめでたさを表した床飾りです。 桐の白木の花入れに長寿の象徴である松を入れたお正月のしつらえにふさわしいお飾りです。 室内用の新春飾りとして、床の間はもちろん居間の壁を床の間に見立てて飾り、新春をお祝い下さい。
今すぐ予約注文

八重飾り結び

¥12,000 (税抜)
正絹の組紐を贅沢に使った、晴れやかな組紐結びです。ハレを意味する紅白の色に、新緑の緑を加えました。新春のしつらえにぴったりのお飾りです。
続きを読む

灯心松飾り

¥4,000 (税抜)
土鈴は素焼きの鈴で、古くから魔除けとして玄関などに置かれ、人々の生活を守るものとして親しまれてきました。HALEで使用している土鈴は「英彦山ガラガラ」の名称で福岡県で約800年前から親しまれているものです。鈴に塗られた赤は太陽、青は水を表しています。素焼きならではの乾いた素朴な音色が特徴です。 新春だけでなくお守りとして季節を問わず飾っていただけます。
続きを読む

RECOMMEND LIST

close
Start typing to see posts you are looking for.
Set your categories menu in Theme Settings -> Header -> Menu -> Mobile menu (categories)